【リンク 詩・唄】紺碧さんの詩 紹介です
5be3735f434c7275b2000100 5be3735f434c7275b2000100 5be3735f434c7275b2000100 5be3735f434c7275b2000100 5be3735f434c7275b2000100 5be3735f434c7275b2000100 5be3735f434c7275b2000100 5be3735f434c7275b2000100 5be3735f434c7275b2000100 5be3735f434c7275b2000100 5be3735f434c7275b2000100

【リンク 詩・唄】紺碧さんの詩 紹介です

¥0

送料についてはこちら

紹介記事の為、 👆表示されている 「送料無料 カートに入れる」の表示は 無関係です(^^) ご了承くださいませ🤗 👉スワイプして画像をチェックしてみて下さいね 詩・紹介 紺碧さん https://twitter.com/tnomoss1521255/ 「コスモスの日々」 あのころの君が 恋しくて 今年も来たのさ この丘に ながい黒髪を なびかせて 踊り回ったは いつのこと トンボは空に 群れて飛び さわやか日差しの 秋日和 今も想い出は キラキラと 丘にまぶしく よみがえる 君によく似た コスモスよ いつの日までも 咲き誇れ https://twitter.com/tnomoss1521255/status/1038542836168253441 今回の詩にチューハイPさんが、 秋らしい爽やかな曲と歌を 付けてくれました。 ボカロの初音ミクさんの歌声です。 聴いて頂くと嬉しいです。 「コスモスの日々」 https://youtu.be/4KEFNNe7CzY 【雪の声に思う】 森も林も枯れ果てて 寂しさ奏でる雪の声 しんしん積る村里は もはや一面絵の如し 凍える花も鳴く鳥も 自然の中に身を託し 白き深雪に包まれる 一夜の宿の軒明かり 侘しく灯り雪染めて 何方の跡を辿るのか 蕭蕭と沁みる雪の声 ああ虚しきは我が心 https://twitter.com/tnomoss1521255/status/1086422452001882113?s=21 今回の詩【雪の声に思う】も ミカエルさんがリコーダーでメロディーを 付けてYouTubeに上げてくれました。 https://www.youtube.com/embed/aXHq7Un_GgY しっとりとした雪降りを思わせるメロディー です。 聴いて頂くと嬉しいです。 ミカエルさん今回も有難う😆✨ https://twitter.com/tnomoss1521255/status/1086483159254917120?s=21 「紺碧の海 過ぎた夏」 浜辺に残した足あとは 波に洗われ消えたけど あの一夏の想い出は 消える事なく波に揺れ 紺碧の海に浮き沈む 君のいない浜辺には 秋風が吹き虚しさが 尚更つのり心が沈む もう一度二人の海に 帰って来いと叫んでも 声は届かず海鳴りと 波か哀しく響くだけ 君は何処か過ぎた夏 https://twitter.com/tnomoss1521255/status/1043295410578550784?s=21 以前、ミカエルさんが曲付けした詩に、 またまたチューハイPさんが編曲するなどして、YouTubeに公開してくれました。 【紺碧の海 過ぎた夏】 チューハイPさん、有難うございます 紺碧の海 過ぎた夏 https://youtu.be/MdJOvfXl6A8 夕陽はしずみ黄昏て 夜の海辺の淋しさよ 漁火遠くゆらゆらと 揺れて切なき波の音 今宵の寒い月明かり 海を灯して波を染め 帰らぬ昔の夢たどる 愛しき人よ今いずこ うしろ姿を今さらに 思い出しては泪ぐむ 月も海もが語らずに 心惑わせなんとする 夜風がしみる冬の海 #詩紺碧 https://twitter.com/tnomoss1521255/status/1078801743406948354?s=21 【泪の訳】 二人で遊んだ清流は 昔と変わらず滔々と 流れて岸を幾曲がり 水面に落ちた病葉が 揺られて川を下る時 あの子の頬にひと雫 泪が流れていた訳を 聞かず忘却は幾年か 川を眺めて思い出す 病に勝てぬ悲しみを 病葉に重ねた心知り 万感の思いに空仰ぐ 我が愚かさも顧みて https://twitter.com/tnomoss1521255/status/1071181030470512640?s=21 枯葉とともに秋が去り 行きつ戻りつ冬くれば やがては白銀の雪景色 いつの冬かは忘れたが コートの襟立て空仰ぎ 雪の精ではあるまいに 雪花に包まれ去った人 冬がきたなら思い出す 僕に残したマフラーは 今も手元にあるけれど 神秘に思えてただ冬に 雪を重ねて見うるだけ https://twitter.com/tnomoss1521255/status/1063584410274947072?s=21 「郷愁」 君が歌えば山野には 日差しが燦と輝いて 爽やか秋の風が立つ 錦秋の森の鳥たちの 時に囀ずるその声は 君に合わせた秋の歌 そんな昔もあったけど 君が嫁いで行ったあと 寂しさだけの過疎の村 荒野で揺れる花たちよ 廃墟をたどる鳥たちよ せめて笑顔の村となせ #詩 紺碧 https://twitter.com/tnomoss1521255/status/1053601975651057665?s=21 壊れた恋を追わずとも 諦めなさいよお嬢さん 相手に心がないのなら 捧げる愛は無意味だよ うたかた如き恋ならば いつか虚しく弾け飛ぶ そんな儚いものなのさ 過ぎた恋などは顧みず 燃える木立のその下で 新たな夢を見てごらん 爽やか陽ざしの今は秋 駆けてくるさ王子さま #詩 紺碧 https://twitter.com/tnomoss1521255/status/1056009545095335936?s=21 君が泣いてしまったら 僕が泪を拭いましょう 君が不幸に遭ったなら 僕が全て受けましょう 君の不幸は僕のもの 僕の幸せは君のもの 一心同体ふたりなら 寒さ過ぎれば春が来て やがては君も花と咲く https://twitter.com/tnomoss1521255/status/943775496147308546?s=21 *画像転載、引用はご容赦くださいますよう お願い申し上げます ゆるぴた https://yurupita.shop/items/5ad0fbfd122a7d35e8001584 お問い合わせフォーム https://yurupita.shop/inquiry